TOPへ
石綿特別教育は、こちらへ
アスベスト診断士とは
社団法人日本石綿協会において、既存建築物に使用されている石綿に関する管理のあり方あるいは解体前の事前診断等への適切なアドバイスを行える人材の養成を目的として、当協会認定の「アスベスト診断士®」制度を発足しました。「アスベスト診断士®」とは、以下に示す力量を兼ね備えた者として、当協会が認定する資格者を意味します。
1.建築物/工作物のどこにアスベストが使用されているかの診断

  ・書面(設計図書、施工図面等)による一次調査
  ・現場における二次調査
  ・信頼性の高い分析機関の選択、委託と最終判断

2.建築物/工作物に使用されているアスベストの処理要否診断

3.建築物/工作物の解体等処理工事に対する適正工事のチェック診断
 
なお、研修に合格するレベルの知識を得ることにより、

建築物/工作物の解体等処理工事に従事する作業者に対する 教育も務めることが可能です。

 当協会が開催する「アスベスト診断士®」養成研修を修了した後、所定の手続きにより登録申請した者を、(社)日本石綿協会認定「アスベスト診断士®」として認定登録します。

社団法人 石綿協会HPより抜粋
石綿特別教育講習会の出張講師派遣についてはコチラへ
鈴木事務所

社会保険労務士・行政書士・アスベスト診断士
鈴木祐一郎


トップページへ